横断歩道設置で県道が安全に(小山市南飯田)

平成24年1月。
小山市南飯田の車イスを利用する近隣住民から、県道190号境間々田線(間々田自動車学校付近)に「横断歩道を設置してほしい」との相談を受けた荒川美代子小山市議と連携し、西村しんじが昨年5月に県へ要望。地元自治会からかねてより要望が出されていたこともあり、今年1月に横断歩道が設置。これにより「遠回りせず、高齢者や子どもが安心して渡れるようになりました。」との喜びの声が届いています。

20120101.png

このブログ記事について

ひとつ前のブログ記事は「騒音の原因となる道路補修が完成」です。

次のブログ記事は「県立高校の耐震化が加速」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。