小山・野木線(JR宇都宮線東側)が都市計画決定

平成24年3月。
西村しんじが、第309回県議会定例会(12月5日)の一般質問で、「災害時における代替の避難経路確保の観点から、さらには地域医療再生のためのアクセス整備の拡充という面からも、国道4号と並行した南北道路の強化が必要」と小山市間々田地区から野木町潤島とを結ぶ新たな区間2.2km「小山・野木線」(JR宇都宮線東側)の早期の都市計画決定を強く要望しました結果、3月19日の県都市計画審議会を経て、都市計画決定がなされました。今後、整備実現に向け、さらに頑張ってまいります。

このブログ記事について

ひとつ前のブログ記事は「放射線測定器モニタリングポスト 県内全市・町に配置」です。

次のブログ記事は「広域がれき処理受け入れが一歩前進」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。